前へ
次へ

美しい口元を実現する審美歯科

審美歯科の治療は、単なる病気の治療ではありません。
見た目に美しい歯並びを手に入れたり、白い歯

more

審美歯科は基本的に保険適用外

審美歯科は、歯の機能回復を目的とするだけでなく、美しさも求められる治療を行っているのが特徴です。

more

歯医者の考える良い審美歯科とは

多くの歯科医師の意見によると、良い審美歯科の条件は、とにかく患者の話をよく聞くことだと言います。

more

審美歯科のオフィスホワイトニングで歯を白く

毎日美味しく食事をする中で自然と天然歯は黄ばんだり汚れが目立つようになりますが、歯磨きをしても黄ばみなどは頑固で簡単に落とすことができません。
無理にハブラシで強く擦るのは歯の表面に無駄に負担になりますが、審美歯科でのホワイトニングなら無理なく歯を白くすることができます。
日本人は食事の時やおやつに一服の時にもお茶を飲みますし、ブレイクタイムにはコーヒーを飲んだり紅茶を飲んだりするものの、それも歯が黄色くなる原因です。
子供から大人まで広く愛されるカレーや、コーラなどの炭酸飲料、色素の濃い調味料なども過度に食べ続ければ歯を黄色くさせてしまいます。
汚れは長い時間をかけての積み重ねであり、いったん付着をしたら簡単に落とせるものではありません。
びくともしない歯の気が見であっても、審美歯科ならその日のうちに元通りの白い歯を手に入れることができます。
来院をした日の治療時間内に白くしたいなら、オフィスホワイトニングを選ぶことです。
専用の液体とマシンを使用してライトを照射することで、数十分のうちに歯の表面は白くなります。
オフィスホワイトニングは保険適用ではなく、自由診療の範囲なので保険は使えません。
数万円はするものの黄色い葉を白くするには最適な方法であり、良い状態は数ヵ月は続きます。
デンタルクリニックでホワイトニングをしたら、その日は色素の強いものを口にはしないことです。
綺麗な白色になってすぐに、カレーを食べたりコーヒーやココアを飲むと、色素が付着をしやすくなります。
翌日以降ももし色素の濃い食べ物を口にしたら、食事後には歯磨きを習慣にすることです。
半永久的に白さを保てる方法ではないので、数ヵ月おきにデンタルクリニックで、オフィスホワイトニングをすると白い歯を長持ちさせることができます。
オフィスホワイトニングは審美歯科での治療ではありますが、歯を抜いたり削るようなことはしませんので、安心して治療を受けることのできる方法です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top